年子育児の日常生活においてとても大切なこと

節約生活をしようキッチン周り

日々の生活の中で、電機代の節約を心がけでいる方は多いと思います。少しの意識で、年間の消費量を減らすことが出来、無駄な出費をしなくてすむのです。簡単に出来る、キッチンまわりの電力の節約について少し説明します。まず、毎日使用するであろう「炊飯器」についてです。炊飯器でお米を5合炊く場合、一回につき約13〜15円程かかるそうです。一度にたくさん炊いて、保温しておく方も多いと思いますが、24時間以上保温する場合、一回に炊く電力よりも多くの電力をつかうことになっています。よって、必要な時に必要な分だけ炊く方が電気代の節約になるのです。また、大量に炊く場合は、保温よりも小分けにして冷凍し、食べる時にレンジで温めた方が節約になります。

ご飯の解凍は、1合で約0.6円くらいだそうです。よって、24時間保温するよりも、レンジで解凍した方が消費電力が少なく、節約になるということです。レンジは、必ず綺麗な状態を保つことも大切です。レンジ内にゴミや汚れがあると、マイクロ派がムダに消費され、余分に電力を使ってしまうことになります。少しの意識で、年間にしてみると大きな変化を期待することが出来ると思います。節約は、日々の積み重ねが重要なのです。

お役立ち情報