年子育児の日常生活においてとても大切なこと

節約生活でも明るいわが家の暮らし

子供がまだ小さなわが家では、主人一人の給料に頼って、生活をしています。日々節約生活をしています。人からは、そうした生活を可哀想に思われることもありますが、私自身は楽しく節約に励んでいます。ガソリン代節約のために、移動は自転車でします。スーパーでの買い物、幼稚園の送り迎えなど、毎日頑張って自転車に乗ることで、運動不足が解消でき、ダイエットにもなりました。また、子供と自転車に乗ってあちこちの景色を楽しみながら、スキンシップをとることもできています。

オール電化住宅では、夜中に電気代が安いので、食器洗い機や洗濯機は夜中に使います。エアコンの設定温度にも、気を付けています。今月はどのくらいの電気料金に抑えられたか、成果をみるのも楽しみです。しなければいけない節約ですが、やりがいや喜びを感じながら取り組むことで、私は日々の暮らしにやりがいを感じています。節約生活は、辛いものではありません。我慢していると、いつかはストレスも爆発しています。我慢だけの生活ではなく、その中で目標を立てたり、楽しみを持つことも大切です。これだけ貯めたら旅行に行く、家を建てる、車を買う、そうした目標があることがお勧めです。