年子育児の日常生活においてとても大切なこと

健康のために生活リズムを守ろう

健康な体を守るためには、毎日の生活リズムを大きく乱さないことがポイントです。生活リズムが乱れると体に負担が掛かるのはもちろんですが、脳の働きにも影響を与えます。特に睡眠不足が続くと集中力が低下したり、ホルモンバランスが乱れやすくなります。睡眠に関して満足しているという方は少ないかもしれませんが、何らかの問題を抱えている方も少なからずいらっしゃいます。ストレスなどが原因で睡眠障害を引き起こしている方は、体のためにも早めに改善させましょう。睡眠が上手く取れない原因は、ストレスだけではありません。日頃の生活習慣も関係しています。

例えば夜寝る前にパソコンやスマートフォンを使用すると、体は疲れていても頭が冴えて寝付きが悪くなります。また、寝る前にコーヒーを飲むことも控えましょう。コーヒーにはカフェインが入っているので眠れなくなってしまうのです。仕事から帰宅する時間が遅い方は、晩御飯の時間も遅くなりますね。しかし、遅くに食事を摂ってそのまま寝ると、深い眠りに付けなくなることがあるので注意が必要です。休みの日には不規則な生活を送ってしまいがちです。前の晩に夜更かしをして昼過ぎまで眠ってしまうと、一気に生活リズムが乱れる可能性が高いでしょう。

お役立ち情報