年子育児の日常生活においてとても大切なこと

主婦の節約生活について。

家計を預かる主婦は、他の家族よりも常に節約することで頭がいっぱいです。生活の中に無駄がないか、日々チェックしています。節約イコールケチではありません。生活の中の無駄を無くすことで、家族が快適になり、大きく言えば環境を守ることにもつながるのです。まず、洗濯は風呂の残り湯を使います。お湯を使うことで汚れ落ちも良くなりますし、洗剤の量も少なくすることができます。新たに水を使う必要もないので、節水になります。そして主婦は、なるべく一番最後に入浴するようにします。シャワーを極力使わないようにして、浴槽のお湯を使うようにすれば、さらに節水になります。これならば、家族に不便な思いをさせることもありません。

どんどん値上げしているため、電気料金の節約も最近は重要です。料金が安くなる深夜から早朝にかけて、電気を使う家事をなるべくするようにします。洗濯も夜のうちに終わらせて乾かしておけば、朝の家事の負担が軽減されます。室内干しにして扇風機を当てておけば、臭いもつかないですし、乾きも早くなります。不便を感じるようであれば、それはケチであって、節約ではなくなります。できる範囲の日々の工夫で、大きな効果を得ることができるので、節約を考えた生活をすることは、楽しく続けることができます。

お役立ち情報