年子育児の日常生活においてとても大切なこと

思ったより悪くなかった結婚生活

かつて私も結婚していた事があります。特にこれといってきっかけがあって結婚した訳でもなく、お互い遠距離恋愛で、交通費がもったいないから結婚しようか、みたいなノリだったのを覚えています。それから結婚生活は5年ほど続きましたが、思っていたより悪いものでもないなと、常日頃思っていました。最初の1年はお互いの価値観の妥協点を見つけるため、喧嘩が絶えませんでしたが、それを超えてしまうと、後は楽しい生活が待っていました。

私達の間には子供がいなかったのも関係しているかもしれませんが、毎日仕事から帰ってくると、嫁さんが玄関で待っていて、おかえりのハグとキスをしてくれました。毎日欠かさずです。どこか買い物に行くときも二人で手を繋いだり、腕を組んだりして店まで行ったりと、甘い生活を楽しんでいました。子供も欲しかったのですが、その前にお互い気の済むまで遊びたいねと、いつも二人共笑顔で話していたのを、今でも覚えています。

結婚すると女性は変わるという事を聞いていたので、結婚に対して不安を抱いていたのですが、むしろ結婚してからのほうが仲がよくなり、私の心配なんてものはどこかへ吹き飛んでしまいました。今はわけあって一人ですが、また結婚したいなと常々思っています。今度の彼女とは一生添い遂げたいのです。

お役立ち情報